カードローンの審査は厳しいのか

カードローンの審査については意見が分かれるところです。簡単に借りられて審査は通るという人もいれば、審査は意外と厳しいという人もいます。実査にカードローンの審査が厳しいのかどうかについてですが、落ちる人がいなければ厳しいという人はいませんし、通る人がいなければ経営が成り立ちません。審査に通る人もいれば落ちる人もいますし、それが簡単と思うかどうかも人それぞれです。

 

では実際の所審査が厳しいのか厳しくないのか、その前に、実際にカードローンを申込んでどの位の割合で借入れができるのかを把握しておくのは重要です。カードローンの審査通過率はよくて40%以上だと言われています。審査は厳しくないという人もいますが、実際には過半数が審査に落ちてしまいます。この通過率を見て、意外と低いと思う人の方が多いのではないでしょうか。

 

ただしカードローンを申込む人の中には、すでに多重債務で借りられない人や、債務整理など余程お金に困っている人、そもそも年収などの契約条件を満たしていない人もいるので、こういった問題がない人に絞れば、大分割合も変わるはずです。

 

審査に落ちる傾向としては先ほどの例の他に、勤続年数が短すぎる、転居が多すぎる、ローン関連の支払い遅れの履歴がある、などのケースがあります。それらの問題がなければ、年収が少ないからカードローンが利用できないという訳ではありません。

 

消費者金融となると基準が難しい

年収に対して無理なく返済ができるかが借りられるかの審査のラインとなりますが、消費者金融で借りる場合には年収の3分の1までと明確な線引きがあるため、超えるカードローンやキャッシングの利用がある場合には審査には通りません。

 

楽天銀行であれば審査の結果次第では借りられる可能性があるものの、消費者金融での利用となるプロミス福井市でのキャッシング利用の場合には、既に年収の3分の1を超える、または近い水準まで借りている場合には審査には通らなくなってしまいます。

 

カードローン利用においては審査基準も言うまでもなく重要な部分であるため、申込みを行うカードローンやキャッシングで借りられる見込みがあるのか、しっかりと確認をしてから手続きに入るようにしましょう。